スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

自己流ヒートペンレビュー

 2011-12-06
着る毛布サイコー!快適過ぎる!!!

マイクロファイバー製着る毛布 洗える袖付ブランケット fu-mo(フーモ) ブラウン FU-MO-0011-BRマイクロファイバー製着る毛布 洗える袖付ブランケット fu-mo(フーモ) ブラウン FU-MO-0011-BR
()
オフィックス

商品詳細を見る


と、着たままサフ吹いてたらパーツがほこりまみれに(((( ;゚д゚)))

相変わらずヴァカですわ



あ、そうそう
ガフランは塗装に入りましたw

兄さんの指摘どおり、ヒートペン加工後の表面処理が半端なく、
ましてやパーツのねじれゆがみを修正するとなると、

もう一個買ってきて、適切なマテリアル、ツールで作った方が早いくらいでしてww

まぁ、今回はヒートペンの練習台ってことで、一旦収束させようそうしようってことで



さて、塗装開始するとあいかわらず進捗がないので(むしろ後退してますがw)、


再度のヒートペン紹介

僕目線の偏りレビューですが、ご参考なれば


プラスチック溶接用ヒートペン EASY WELDER HP-1000プラスチック溶接用ヒートペン EASY WELDER HP-1000
()
不明

商品詳細を見る

「ヒートペンは、主にプラスチック等の200℃以下の温度で融ける素材を、熱加工するためのツールです。プラモデルの改造用ツールとして、また、壊れたプラスチック製品の補修用ツールとして、他の手段では置き換えのできない優れたパフォーマンスを発揮します。 」(以上コピペw)


特徴としては、
1.こて先の形状がいろいろあること
2.温度調整ができること
3.もち手部分からこて先が短いこと
4.溶かす材料はランナーでOK
ってトコロでしょうか


1.こて先について
普段の加工は丸棒を斜めに切った形状のヤツでやってます
たぶん純銅
落とすと先端が簡単に曲がりますw
付属品でカッター状のパーツ
他にも何種類か先端パーツが売ってます
ただの丸棒ってのもあり、削って自分好みの先端を作ることもできるそうですが、
せいぜい細いこて先作るくらいかなぁって思うw



2.温度調整について
160~270℃まで温度調整できます
説明書の推奨はありましたが(←忘れたw)、僕は220℃固定で使ってます
もちろん、温度が高い方が溶けるのは早いですが、僕にはこれくらいのレスポンスがちょうどいい様子
MAX温度でも低温のためか、半田ごてやライター等で溶かした時のような煙や匂いなんかは出ませんね
OFFスイッチはないので、スイッチ付きタップを介した方が良いです
後述してますが、割と頻繁にON・OFFしますゆえ



3.持ち方について
これが重要
ペンみたいな持ち方ができることで、細かい細工がし易いです
熱源部分に断熱材巻いてるんで、太くて少々持ちにくいですが
あと、そんな構造なんで持ち手が段々とHOTになってしまうため、連続使用は10分くらいですかね
作業がひととおり終わったら、再加熱に少々かかりますが一旦OFFが必要、、みたい
説明書にはちゃんと使用時間とか書いてあると思うのですが(←やっぱし読んでないw)



4.マテリアルについて
プラパーツに溶かしたプラを盛るわけですが、一番いいのはやっぱり同一素材
つまりはランナー
そしてタダ!
キットパーツとほぼ同じ硬さとなるので、後で削った時に、
パテだけ減っていくorプラだけ削れていく
といったコトがないです、、たぶんw
そして、ベースをしっかり溶かせばがっちり溶着できる、、はずw
僕は保険として流しこみ接着剤を併用してます

短所は、、、まぁ挙げれば色々あるんでしょうけど、
僕が凹むのでスルーします





こっから、簡単な使い方をば
完全に自己流なんで、
こうした方がええで~等のアドバイスは大歓迎ですヾ(。・ω・。)ノ゙


まずは枝葉を切り落として、棒状にしたランナーを用意します
IMG_2947.jpg





ランナーをちょっと切りつつ、ぐにっと押しつぶします
温度設定にもよるでしょうが、僕の使ってる220℃では、寒いときのエポパテの硬さ、、、くらいかな
IMG_2948.jpg





ちょんぎった溶プラをペン先で拾って、
IMG_2949.jpg





盛りたいところにのっけます
IMG_2950.jpg
この時、しばらく押さえておくことでキット側のプラも少し溶け、しっかりと溶着できます
時間にして2,3秒
逆に、大量にどかっと盛ると下地まで熱がいかないので、後でポロリし易ですね
感じとしては、ちょっと硬化の始まったポリパテをヘラで盛ってる感じ、、、かな
ちょっとやりにくくてもどかしい、あの感じw





以上を繰り返して、気が済むまで盛っていきます
IMG_2953.jpg
熱でキットパーツが凹んでることもあるので、少し多めに盛る方がいいみたい





盛り倒したら、後は削っていきます
IMG_2954.jpg
けっこう硬いので、粗めのヤスリでがりごりと
#180とか、木工用のトゲトゲした粗いヤツを使ってます
このキズのリカバリーにけっこうな時間がw
そうそう、ポロリ防止の保険でスキマに流しこみ接着剤を入れてます





・・・とまぁ、だいたいこんな感じで進めてます

薄く盛れば削る量も少なくて済むのでしょうが、本体も加熱してるため
ヘタすると元の形状よりも凹んでる可能性もあり、今のところは大盛りで対処
パテだとこんなことはないんですけどねw

数日使ってみての感想は

作業が早い!
なんといってもコレですね~
盛り⇒削り⇒再度盛り の連携がすぐ


デメリットはいっぱいあるけど、、、

細かい作業が超難しいことですね~
今回は無理やり使ったけど、プラモを選びそう
関連記事
スポンサーサイト
タグ :
コメント
せっかくの毛布がサフまみれにならないか心配しましたw
ヒートペン、レビューを見ると楽しそうですね~。
慣れがあるから楽しそうに見えるけど、
自分がやればイ~ッ!ってなりそうw
すぐ削れるって魅力ですね!
【2011/12/07 00:51】 | へな #- | [edit]
ヒートペンいいですねー。買おっかな。
すぐ固まって、なおかつキットと同じ固さになるのは良さげですね。
キットにパテ盛って加工すると固さに違いが出るのがイヤなとこではあるんですよ。
でもパテの切削性の良さに慣れるとプラスチックの固さがちょっとストレスというか…。

ちょいさんはプラスチックの加工に慣れてらっしゃるので
ヒートペンが相性いいんですかね?

ま、全てのツールやマテリアルを用意して、
部位や目的に応じて使い分けるのが理想な訳ですがw
なかなかそこまでできないとゆーかw

【2011/12/07 02:05】 | トンダ #- | [edit]
最近瞬着がくっつかないので。。。
ヒートペンなら!! ヒートペンなら!!!頑丈にくっつけてくれそうですね!
ランニングコスト考えると良いっすよねぇ。。
【2011/12/07 03:18】 | ARUE #- | [edit]
形状変更は同素材で溶着出来るのが、何かと便利だと思います!Σd(>ω<`)

タミヤのプラ材は
バンダイのプラとは微妙に硬さが違いますからね~^^;





てか、個人的には「超音波カッター」が欲しかったりヾ(・ω・o) ォィォィ
【2011/12/07 05:23】 | daisan #- | [edit]
水槽の濾過層を、自作する時に買った、ホットカッター(60W)を
真似してランナーに使ってみましたが・・・
こりゃ~破壊用でした (@_@;) 
で・・・でっかい電気ドリルにサンダー付けて回したら・・・
どっかに飛んでった (T_T)
道具は正しく使いましょう というおバカな見本でした。
【2011/12/07 07:02】 | ヒロパパ #mQop/nM. | [edit]
>へなさん
既に粉まみれにはなってます、毛布
着る電気毛布とか出たらサイコーw
ヒートペンは手が暖かくてイイですねww
慣れるためにムリヤリ何にでも使ってみましたが、結構楽しいかも

>トンダさん
そうそう!早いのと、プラってのがイイですね~
プラとパテの境目がある場合って、削るのが難儀で
ただやっぱり硬いので、全面新規ならばパテの方が効率は断然イイですねw
僕は瞬着も好きではないので、なんでもプラでやりたいってのも
それにほら、デザインナイフだけで加工、とか、ポリパテだけでなんでも作る、とかの限定スペシャリストってかっこいいぢゃないですかwww
効率悪いんだろうけどw

>ARUEさん
僕も、流しこみ接着剤LOVEとなってからは瞬着はあんまし
先端ツンツンもヒートペン使ってみましたが、しっかり溶かさないとやはりダメですね
そうなるとキットパーツも歪みが出るので、多めに盛る⇒多く削る、、です
この辺がもうちょっとコントロールできればかなり使えそう(^-^)/
【2011/12/08 06:28】 | ちょい #- | [edit]
>ダイさん
うまく面が出れば、元パーツに渡ってのカンナ掛けもできました
硬さが違うと、どっちかだけが削れるんですよね~
超音波カッターもいいっすよね!
以前使わせてもらいましたが、1mm厚なんかスパスパいけます
ただ、ちょっと厚かったり、ストロークが遅かったりすると、周りが溶けていくので、難しいですね~
って、どのツールも慣れるまで難しいんでしょうがww

>ヒロパパさん
小学生の頃、半田ごてにカッターの刃をつけてプラモ切ってましたが、あのノリでしょうかね
ダメージ表現にしかならないとゆーww
電器ドリルにパーツくっつけて加工したコトはありますよw
危険とは知りつつも、やっぱし挑戦したくなりますよねぇwww
【2011/12/08 06:29】 | ちょい #- | [edit]
ヒートペン欲しくなりましたよ~。
しかし戦争末期の公国並に資金難で
どうにもこうにもなりません(笑)。
同一素材は確かに削りやすいですね。
最近、エポパテに光硬化パテにポリパテを
同一パーツに複合して用いてしまい、
どうにもこうにもならなくなっています(笑)。
【2011/12/08 08:49】 | ツキデコ #- | [edit]
遅くなりましたがヒートペンレビュー乙です!
自分も使っていますが、表面処理は大変ですよねw。
ただパーツの切断が早いので重宝します♪

今度はパーツの表面に模様を入れてみたいですが、
キットが限られますねw。
【2011/12/08 10:59】 | ピカ #- | [edit]
>ツキデコさん
使いどころを選びそうですが(なんだってそうかww)、強引にやる分には向いてますね~w
しかし、超絶な複合素材やってますねwww
ヤスリかけたら、それぞれバラバラな削れ具合になってそう
しかもポロリし始めたら瞬着がブレンドされていくというカオスwww

>ピカさん
そうそう!
プラとはいえ、大量に削るとなると結構な労力っすねぇ
ヒートナイフは思ったよりスパスパ切れてなかなか好感触
ガイドが使えないので、フリーハンドってのがアレですが
これでABやってみたいですね!!
またAB祭りやらないかな
【2011/12/10 00:00】 | ちょい #- | [edit]
これめっちゃいいですね!
買う事にしますw
パテのヤスリがけで目詰まりが嫌だったのと
盛ってからの待ち時間・・・

それが一気に解消できそう?!
クリスマスに何か自分に買おうかと思っていた所だったので
ヒートペン最有力候補になりました^w^d
【2011/12/20 14:11】 | ガンプランナー #- | [edit]
>ガンプラランナーさん
どもです~
僕もパテの硬化時間と、削り粉がイヤなんですよね~
ヒートペン、くせがありますが、なかなかおもしろそうです
なんたって材料費はタダですもんねw
クリスマスかぁ、
ウチには何が来るのかなぁ(遠い目
【2011/12/22 00:17】 | ちょい #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://1000go.blog36.fc2.com/tb.php/259-516ea362

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。